音楽ソフト PR

高音質音源の王者DSDとPCMの音質の違いを検証してみた!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

音声をデジタル化する主な方式として、PCM、DSD、MQAがあります。

PCMはCDの記録に使われている方式ですが、CDよりもサンプリング周波数を高くし、振幅方向の量子化ビット数も増やしたものがハイレゾと呼ばれています。

MQAに関しては、別の記事で紹介していますが、時間軸での分解能を高めつつ、独自の圧縮方式により、データサイズを大きくしない工夫がされています。

音が良いと言われるMQAの音質をPCMと比較してみた!CDに入っているデジタル音源はPCM方式でエンコードされていて、サンプリング周波数が44.1KHz、振幅方向の量子化ビット数が16bitと決まっています。 これに対して、サンプリング周波数をもっと高くし、振幅方向の量子化ビット数も増やしたデジタル音源はハイレゾ(High-Resolution)音源と呼ばれ、CDに入ってるデジタル音源に比べるとデータ量が多くなり、高精細な音が再生できます。これに対して、MQAというPCMとは異なる方式のハイレゾ音源が提供されています。MQAはハイレゾでありながら、CDに入っているPCM音源と同じデータ容量に圧縮できるという特徴があります。今回は、このMQA音源とPCM音源でどのような音質差があるのかを試してみましたので、紹介します。 ...

もう1つメジャーなデジタル音源方式としてDSDという方式があります。

DSDとは、Direct Stream Digitalの略で、音声をデジタル化する方式の一つで、SACD(Super Audio CD)に採用されています。

PCMは、波形を一定時間ごとにサンプリングして数値化するもので、音の大きさを16bit(65536段階)や24bitで量子化します。

これに対してDSDは1bitで量子化を行い、サンプリング周波数はCDの44.1kHzの64倍となる2.8MHz、さらに高音質の5.6MHzではCDの128倍となります。この数が大きくなる程、音の解像度が高くなります。

音の記録の仕方がPCMと異なっているので、DSD音源は音質の面でもPCM音源と少し違います。

DSD音源は、音の質感がPCMよりも生っぽく、よりアナログ録音に近い滑らかな音の傾向があります

つまりデジタル信号のメリットである「忠実な再現性」と、アナログ録音の音質の魅力が融合されています。

今回は、このように音質面で魅力のあるDSD方式のデジタル音源とPCM音源を聴き比べて、その違いの特徴を探っていきます。

ひろ
ひろ
DSDを好む音楽ファンも多いみたい!

DSD音源の再生環境

DSD音源はSACDとして入手することができる他、DSDファイルのダウンロード購入もできます。

ただし、DSD方式でダウンロード販売されている楽曲は少なく、SACDもCDに比べると販売されている種類は少ないです。

ミキ
ミキ
DSD音源はあまり販売されていないんですね!

ただ、DSDファイルを再生できるDAコンバーターやストリーマー(ネットワークプレーヤー)は数多くあります。

その中でも、ノイズ対策がしっかりと設計されているiFi AudioのNeo Streamというストリーマー(ネットワークプレーヤー)を使用していくことにします。

選曲や再生、停止といった操作は、iPad上でfidata Music Appというアプリを使用して行います。

比較試聴用のDSD音源とPCM音源

DSDとPCMの比較試聴用音源として、同一のアナログ録音を以下2種類の方式でデジタル化したものの中からいくつか選択してみました。

・PCM音源:CDからリッピングした44.1kHz/16bitのFLACファイル
・DSD音源:DSD64(2.8MHzサンプリング)のDSDファイル

(1)ベートーヴェン 交響曲第9番
カラヤン指揮ベルリンフィル

カラヤンのベートーヴェン交響曲全集のうち最初に録音された(1961~1962年録音)ものの中から第9番を使うことにします。

この曲はオーケストラだけでなく、第4楽章では独唱や合唱も入っているので、声楽部分のチェックもできると思います。

(2)シューマン 交響曲第3番「ライン」
クレンペラー指揮 フィルハーモニアオーケストラ

これもアナログ時代の名録音、名演奏の一つだと思います。

弦楽器の艶や滑らかさ、木管楽器の素朴な味わいのある音など、とにかくオーケストラの各楽器の音が美しくて聴きどころが多くあるのが魅力です。

(3)シベリウス バイオリン協奏曲
ハイフェッツ(バイオリン)  ヘンドル指揮シカゴ交響楽団

RCAリビングステレオ・シリーズの音源で、ハイフェッツの研ぎ澄まされたバイオリンの音がどのように再生できるかがポイントですが、シカゴ交響楽団のパワフルな演奏やホールの響きがどのように録音されているかも聴きどころです。

(4)ショパン ピアノ協奏曲第1番
ルービンシュタイン(ピアノ) スクロバチェフスキー指揮

これもRCAの録音で、ルービンシュタインのピアノ演奏が聴きものですが、オーケストラ部分も聴きどころの多い名曲なので、PCMとDSDの違いがわかりやすいと考え、選んでみました。

ひろ
ひろ
もともとアナログ録音だったものがPCMとDSDでデジタル化されているんですね!

DSDとPCMの比較試聴結果

それぞれの曲でのDSDとPCMの音を比較してみます。

(1)ベートーヴェン 交響曲第9番

DSDの方は、弦楽器特にバイオリンの音の艶、きめ細かさがアナログのように自然な音がします。

声楽パートも、両者を比較するとDSDのほうがより美しく感じられ、歌手の声が良くなったような印象を受けます。

DSDと比較すると、PCMのほうはキメが少し粗く、弦楽器の音の艶がやや少なく感じられます。

CDの音をアナログと比べて冷たく、硬い音と評する人もいますが、DSDがアナログっぽい音がするので、そのような意見があるのは何となく納得してしまいます。

(2)シューマン 交響曲第3番「ライン」

DSDの方が情報量が多く、各楽器の質感が非常に良く出ていて、音がより美しく感じられます。

特にバイオリンの音に艶があり、滑らかで快適な感じで、ずっと聴いていたくなる音がします。

DSDと比較してしまうとPCMのほうは、やはり楽器の質感の点で見劣りがして、全体にこじんまりとした鳴り方に聞こえます。

(3)シベリウス バイオリン協奏曲

PCMではハイフェッツのバイオリンの音は、研ぎ澄まされた鋭利な刃物のように聞こえることがあるのですが、DSDで聴くとバイオリンの周辺空間の響きが良く表現されるからかもしれませんが、バイオリンの音がまろやかに聞こえるところもあり、別の録音ではないかと思ってしまうほどでした。

オーケストラの音も同様で、DSDのほうが全体に自然な鳴り方であり、力強さや繊細さ、ホールの空気感も良く出ていて、生々しさが一層感じられます。

(4)ショパン ピアノ協奏曲第1番

DSDでは、ルービンシュタインの弾くピアノの音がとにかく美しく響くのに驚かされます。

まるでコンサートホールで聴いているような感じです。

バックで演奏しているオーケストラの各楽器の配置や奥行もDSDのほうがよくわかり、やはりPCM(CD)とは情報量の差がかなりあるように感じます。

DSDとPCM(CD解像度)とを比較すると、以下のような印象に感じられました。

・DSDの方がPCMに比べて情報量が多く、楽器音の質感やホールの響きがより自然
・DSDの高音はPCMに比べて滑らかさ、キメの細かさがあり、心地良い

ミキ
ミキ
DSDの音は良さそうですが、ファイルサイズが大きくなってしまうのが難点ですね!

まとめ

DSDの再生音は特にクラシック音楽のような生の楽器や声を聞かせるジャンルでは、PCM(CD解像度)音源に対して優れていると感じました。

特にアナログ音源をデジタル化する際には、PCMではなく、できればDSD方式でエンコードしてほしいと感じました。

ただ、PCMでもサンプリング周波数が高い192kHz/24bit、96kHz/24bitというハイレゾ音源になってくると、DSDとの比較結果が異なってくることも考えられます。

DSD方式で音の情報量が増えるのはうれしいところですが、それにともなってファイルサイズも大きくなってしまいますので、ダウンロードやストリーミングといった流通形態ではDSD音源は不利になってしまうかもしれません。

ひろ
ひろ
技術の進歩でファイルサイズの大きさがあまり問題にならなくなるかも?

今回はアナログ録音をデジタル化した音源で比較し、DSD音源が好まれる理由は良く理解できました。

今後DSDで録音した音源が増えてくることを期待したいと思います。